仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

仮想通貨Lunyr(LUN)ルーナーとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説。

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所

Lunyr(LUN)ルーナーとは?

通貨名 Lunyr
通貨略称 LUN
公開日 2017/5/1
時価総額 ¥2.55 B
時価総額ランキング 248
発行上限 2,703,356 LUN
公式サイト https://lunyr.com/
 Twitter LUN Twitter

イーサリアム(Ethereum)をベースとした分散型百科事典です。
簡単にいうと、分散型wikipediaといえばわかりやすいでしょうか。

叶えたい未来が明確で、非常に期待のできる通貨ですので、
みなさん最後までぜひ読んでみてください!

Lunyr(LUN)ルーナーの目指す未来とは?

“Lunyr is an Ethereum-based decentralized world knowledge base which rewards users with app tokens for peer-reviewing and contributing information. We aim to be the starting point of the internet for finding reliable, accurate information. Our long-term vision is to develop a knowledge base API that developers can use to create next generation decentralized applications in Artificial Intelligence, Virtual Reality, Augmented Reality, and more.”

引用:ホームページ

開発者の想いを言葉に落とし込んだビジョン。
これを読むと、なぜ通常のwikipediaではいけないのか?、どんな未来を創りたいのか?が理解できます。

結論から言えば、
前者は、イーサリアムベースのブロックチェーン技術組み込んだ、Peer-to-peer レビューによって、
情報の公平性が保たれ、誰か1人が誤った情報を書き込むということがなくなるからです。

wikipediaは誰もが書き足したり、消したりすることができます。
時々、有名人が色々と噂を書かれて困っていますよね?そんな感じです。
それをLunyrでは、解決できます。

後者は、

“Our long-term vision is to develop a knowledge base API that developers can use to create next generation decentralized applications in Artificial Intelligence, Virtual Reality, Augmented Reality, and more.”

この部分にとてもよく表現されています。

現在開発されている様々なブロックチェーンのプロジェクト。
一般の人にとっては非常に高等な技術を用いており、研究、理解できる状態ではありません。
しかし、この技術、次の世代を創っていくことは確実なのです。

だからこそ、その教科書のようなものを創って、次の世代がどんどんと新しい技術を開発していけるような環境づくりをしていきたいと彼らは言っています。

時々、ビジョンがない仮想通貨プロジェクトがありますが、
本来は、次の未来を創りたい。そんな想いを持って開発するものなのです。

Lunyrはそれが色濃く出ており、とても応援したくなるプロジェクトですね!!

Lunyr(LUN)ルーナーの仕組みは?

トークン配分の方法

分散型wikipedia上で、記事を書く人・記事をレビューする人に配分されます。

分散型wikipediaと言っても、情報発信ツールなので、もちろん発信する記事がなければなりません。
それを書いてくれる人にはインセンティブとしてトークンを配るようになっています。
その割合、なんと最大85%。
書く人がいなければ成り立ちませんし、書く人もブロックチェーンを大変に理解した高度人材ですので、そのくらいが妥当なのかもしれませんね。

また、Lunyrを語る上で、なくてはならないのが、レビューワーの存在です。
先ほどpeer-reviewがあり、情報の公平性が保たれるというお話をさせていただきました。
そう、全ての記事は、Lunyrに参画する様々なレビューワーにレビューされるんです。
そのチェックを通った記事のみが公開されるんですね。

このように分散的にメディアを管理することで、
皆に認められた正しい情報を発信することができるようにしたそうです!

Lunyr(LUN)ルーナーの開発者は?


次世代を支える大変若く、優秀なメンバーが揃っています。
CEOはペニンシュラ大学のサイエンス学位を持っており、とても将来が期待できる人材です。

まだ若いメンバーが多く、若干の不安はありますが、
アドバイザーでその点は補完できていますし、問題ないかと思われます!

まさにアドバイザーという感じですね笑
ダンブルドア先生みたいです笑笑

Lunyr(LUN)ルーナーのチャートは?

もちろん仮想通貨トレンドに沿って、上下はしていますが、
安定して右肩上がりの成長をしています。

すでに5倍近く、やはりビジョンドリブンなプロジェクト
ホームページを読んでいるだけでワクワクします!

仮想通貨は長期投資が前提ですので、
Lunyrのように応援する気持ちを持って投資する人が増えるといいですね!

Lunyr(LUN)ルーナーの将来性は?

次々にアップデートを繰り返しているようです。
メディアというのはどれだけ記事を投稿できたか、その質はどうか?、どのようにマーケティングをしたかでほぼ決まると言っても過言ではありません。

しっかりと資金を使い、
まずは量を確保する。

勢いよく行って欲しいですね。

Lunyr(LUN)ルーナーはやめるべき?

ネトビジ!としては、やめるべき要因が見つかりません。
しかし、一つ言えるのは、この仮想通貨プロジェクトは、投機目的で買うものではないということ。

メディアですので、一気にスケールするというのはとてもじゃないですが、
考えられません。

一緒に育てていくような気持ちをもって投資できる方にオススメです。

Lunyr(LUN)ルーナーはどの取引所、販売所で買うの?

ネトビジ!では取引高が世界一位の取引所のBinance(バイナンス)をオススメしています。
残念ながら、Lunyr(LUN)ルーナーは国内取引所には上場していませんが、Binance(バイナンス)は日本語対応もしており、使い方も非常に簡単です。

最近落ち着いてきたビットコインだけでなく、勢いのあるアルトコインに投資してみたいと思っている方にぴったりの取引所ですので、投資機会を失う前にぜひ口座開設をしてしまいましょう!!
ハッキングの恐怖に晒されたくない国内のCoinCheckユーザーのみなさんもこの機会に、海外へ進出してみるのはいかがでしょうか?

オススメする理由はもう一つ。

現在、Lunyr(LUN)ルーナーのほとんどBinance(バイナンス)を経由して購入されています。
もし今後期待感が高まれば、Binance(バイナンス),Bitfinex, Bitflyerなどの大手取引所への上場も大いに考えられます。
その際に上場益が得られるよう、まずは口座開設からスタートしてみてはいかがでしょうか。

Lunyr(LUN)ルーナーを購入して、共に億入り人を目指しましょう!

Binance(バイナンス)登録はこちら

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所