仮想通貨AdEX(ADX)アデックスとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説。

仮想通貨AdEX(ADX)アデックス

ネトビジのオススメ仮想通貨取引所

仮想通貨AdEX(ADX)アデックスとは?

AdEX(ADX)アデックスというのは、すでにあるオンライン広告の環境が乱れた際の重大なトラブルに対応するための広告交換のブロックチェーンベースのものです。

AdEX(ADX)アデックスは、広告詐欺、スポンサードメッセージの受信に対する同意など、非常に透過性があり、イーサリアムスマートコントラクト上に築かれているものです。

出版社と広告主、プロセスに関係する関係者の全てにとって透明性が高く、安全で有益なプラットフォームをサービスします。

AdEX(ADX)アデックスの強みは?

AdEX(ADX)アデックスの強みは、次にご紹介するようなものが挙げられます。

・広告主は、より広告をコントロールすることができ、詐欺の被害に遭うリスクを少なくし、リターンのより高いものが獲得できる。
・出版社は、広告のターゲットをより絞ったものと高い顧客満足度、広告収入がより多くなるというメリットがある。
・ユーザーは、個人情報やプライバシーを侵されなく、オンライン環境として自分が興味がある広告を見れる。

AdEX(ADX)アデックスの特徴とは?

AdEX(ADX)アデックスは、インターネット広告のジャンルにおいて新しいビジョンを作ることを目標にしています。

具体的には、ネット広告の広告詐欺、プライバシー問題などのいろいろな問題点を解決して、メリットをユーザーだけでなく広告主にも与えます。
特に、広告を載せたいネットメディアと広告を出したい会社側を、より効率良く繋ぐアドエクスチェンジが、機能としてはメインになります。
なお、アドエクスチェンジというのは、 アドネットワークやそれぞれの媒体が持っている広告に掲載する枠を換えることができる仕組みです。

また、詳しいことについては、ネットなどで紹介されているため確認してみましょう。

AdEX(ADX)アデックスは、オリジナルのブロックチェーンを持っていなく、トークンとしてはイーサリアムのプラットフォーム上のものでした。

しかし、NEOという中国版のイーサリアムと言われるもののスマートコントラクトに、現在は移されています。

グーグルやフェイスブックのようにネットをメインにビジネスをしている現在の会社は、柱に広告収入がなっていると言えるでしょう。

全世界の2017年のネット広告費は、約23兆円(2050億ドル)まで拡大しており、どこまでAdEX(ADX)アデックスのプランが実現するかはっきりしませんが、間違いなく非常に大きな可能性があるでしょう。

AdEX(ADX)アデックスプラットフォームは、高い透明性の非中央タイプのソリューションを、これまでのデジタル広告モデルに替わってサービスします。
メインの広告媒体が、これまでのテレビからオンラインなど多岐に替わっていく中において、広告業界が直面しているプライバシーや詐欺などのいろいろなトラブルに対処します。

AdEX(ADX)アデックスのチャートは?

AdEX(ADX)アデックスは、1ADXが0.208817ドルで、取引が2017年1月1日から始まりました。
1ADXが2.45ドルまで2017年8月17日に高騰した後、下がったり、上がったりしています。

2018年1月初旬では、1ADXが2ドルをオーバーするようになってきています。

AdEX(ADX)アデックスへの投資はやめるべき?

AdEX(ADX)アデックスへの投資はやめるべきかは、AdEX(ADX)アデックスの投資のデメリットについて検討することが必要です。
ここでは、AdEX(ADX)アデックスのデメリットについてご紹介しましょう。

AdEX(ADX)アデックスのデメリットとしては、別の仮想通貨と同じように、やはり価格が非常に変動するリスクがあることでしょう。
例えば、2017年7月1日の上場した時は、0.25ドルで、その後、2.45ドルまで2017年8月には上がりましたが、2017年 10月には、0.84ドルに下がったこともありました。

このように、AdEX(ADX)アデックスは、価格が変動することがデメリットでしょう。

AdEX(ADX)アデックスの将来性は?

スマートコントラクト上で築かれる透明的なAdEX(ADX)アデックスの広告プラットフォームは、まだ実用になるのはもっと先ではないでしょうか。

しかし、ホワイトペーパーには、最初のプラットフォームのバージョンが2018年2月にリリースすると記載されているため、期待してもいいかもしれません。

また、AdEX(ADX)アデックスは、インターネット広告の業界を破壊しようとしていますが、フェイスブック、グーグル、あるいはこれ以外の広告プラットフォームと今後もし提携するようなことがあると、急激に価格は高騰することが想定されます。

インターネット広告のマーケットをターゲットにしているICOを実施しているプロジェクトの中においても、非常に期待されているものであるため、今からも着目しておくべきでしょう。

AdEX(ADX)アデックスは、どこの取引所、販売所で買うの?

ADX というAdEX(ADX)アデックスのトークンは、海外の取引所で買うことができます。
日本の取引所では、AdEX(ADX)アデックスのトークンを取り扱っていませんが、海外の取引所では買うことができます。
海外の取引所としては、Binance(バイナンス)、Bittrex、Krakenがあります。
しかし、このような海外の取引所の場合は、操作を英語で行う必要があるため注意しましょう。

AdEX(ADX)アデックスが買える取引所としてネトビジ!がおすすめするのは、Binance(バイナンス)になります。
Binance(バイナンス)の取引所は海外になりますが、対応は日本語になっています。

入力の面倒なものは必要なく、簡単に一つのメールアドレスで登録することができるため、1分もあれば登録は終わります。

Binance Coin(BNB)バイナンスコインを使用することによって、手数料は元から安いものですが、さらに手数料が安くなります。
人気の仮想通貨であるADAやIOTAなども買えるため、取引所としては本当におすすめです。

なお、Binance(バイナンス)の取引所は、仮想通貨専用の取引所になります。
そのため、AdEX(ADX)アデックスを買う場合に、直接円を入金することはできません。

ビットコインを国内の仮想通貨の取引所で一度買ってから、送金をBinance(バイナンス)に行う必要があります。
なお、初めてBinance(バイナンス)の取引所を利用する場合は、送金する方法などが分からないでしょう。

このような場合は、ネットなどでBinance(バイナンス)の取引所を利用する方法について紹介しているようなサイトがあります。
そのため、AdEX(ADX)アデックスを買う方法などが心配という場合は、このようなサイトを確認してみましょう。

Binance(バイナンス)は日本語対応もしており、最近落ち着いてきたビットコインだけでなく、勢いのあるアルトコインに投資してみたいと思っている方にぴったりの取引所です。
AdEX(ADX)アデックスはまだまだ実用前のものなので、順調に開発が進むのであれば長期的に成長が期待できます!
それぞれの価値観で、割高・割安というのはもちろんあるとは思いますが、長期保有者にとっては正直そんなの大した金額差ではありません。

2年後・3年後に利益ベースで億入り人になる!と考えているならば、今すぐに買ってしまった方が良いでしょう。
AdEX(ADX)アデックスを購入して、爆益をあげるとともに、世界中全ての人が仮想通貨と生きる未来を一緒に創りませんか?

Binance(バイナンス)登録はこちら

ネトビジのオススメ仮想通貨取引所