仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

仮想通貨Trustnote(TTT)トラストノートとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説

Trustnote(TTT)トラストノートとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説

こんにちは。ノマド・若(ワーカー)です。Bit-Zで急上昇。「DAG」を搭載する中国発の仮想通貨プロジェクトTTTを徹底解説!

ノマド・若

Trustnote(TTT)トラストノートとは?

Trustnote(TTT)トラストノートとは、「LIGHT・FAST・TRUST」の3つのTを含意する、
「軽さ、速さ、信頼」を売りにしたブロックチェーンプロジェクトです。

4月26日に海外取引所Bit-Zへ新規上場していますが、
国内取引所への上場はないような新興の仮想通貨になっています。

Telegramはこちら!

そういえば、最近Bit-Z多いですね〜!
仮想通貨の流れもやはり中国が実験を握るのか?

bit-Z
ポストバイナンスとも言われる中国発の仮想通貨取引所Bit-Z(ビットジー)
決済通貨は「USD」「CNY」「DKKT」で、支払い手段は「Alipay」「WeChat」「Cash deposit」など。中国人にほぼ特化したような仮想通貨取引所です。

Twitterによく最新情報が上がっているので、
こちらもチェックしておくと良いでしょう。

TrustNote Twitter

Trustnote(TTT)トラストノートの概要

いつものように、Google翻訳さんにお願いしてみます!

TrustNote概要
今日のブロックチェーン技術は、ネットワークの輻輳、高い取引手数料、取引確認の長い遅延など、多くの課題に直面しています。 TrustNoteは、高い同時トランザクションを処理することができ、迅速なトランザクション確認を維持できる、世界をリードするパブリックDirected Acyclic Graph(DAG)元帳を構築することにより、これらの問題に対処しています。 TrustNoteは、複雑なスマート契約を作成することなくデジタルトークンを作成して公開できるようにしながら、宣言的なスマートコントラクトを活用し、表現力を強化した使いやすい、分散型の低レベルのデジタルトークンブロックチェーンを作成することに重点を置いています。 TrustNoteは、デジタルトークン、ブロックチェーンゲーム、ソーシャルネットワークにセキュリティと豊富なAPIインターフェイスを提供する拡張可能な財布を備えており、ブロックチェーンネットワーク上で新しい革新的なアイデアをスムーズに実行し、このドキュメントでは、TrustNoteの技術的特性、ユーザーシナリオ、トークン発行に関する詳細などを紹介します。このドキュメントに含まれる資料の詳細については、https://github.com/trustnote/documentをご覧ください。
引用:TrustNoteホワイトペーパー

Trustnote(TTT)トラストノートの特徴は?

Trustnote(TTT)トラストノートは、デジタルトークンの発行、ブロックチェーンゲーム、ソーシャルネットワークなどの新しいアプリケーション用に設計されているプラットフォームになります。
「DAG」を採用しており、唯一上場しているBit-Zでは、取引高もかなりの割合を占めてきており、
非常に注目の通貨になります。

「DAG(有向非巡回グラフ)」を採用

現在様々な課題を解決すると言われているブロックチェーンに問題は多く存在しています。
それらをいち早く解決しよう、として生まれたのがこのTrustNote。
「DAG」をさらに改良した送金処理に優れている技術です。

ホームページには以下のように載っています。

TrustNoteは、作業証明とDAG元帳構造を組み合わせて、公平で信頼できるピア選出を奨励し、最終的に地方分権とセキュリティを妥協することなく、スケーラブルなコンセンサスに到達します。
引用:公式ホームページ

google translate

Trustnote(TTT)トラストノートのチャートは?

下記に記載されていますが、
Trustnote(TTT)トラストノートは、「DAG」以外に、
大きな差別化要素がありません。

確かに注目の通貨ですが、
安定的に成長する通貨ではなさそうな気がします。

ただ、Bit-Zへの注目の高まりから、
相乗効果が働き爆上げする可能性は大いにあります。

今後もチェックしておくと良いでしょう。

Trustnote(TTT)トラストノートの将来性は?

「DAG」銘柄はスケールする

現在トラストノートは以下にある規模ですが、
今後上昇が期待されています。

同様に「DAG」を搭載した通貨でIOTAがありますが、

現在時価総額ランキングなんと9位に君臨しています。

Byteball Bytes (GBYTE)という通貨も同様に「DAG」通貨ですが、
数千もの通貨の中から、現在は120位前後とこれも順調に成長していると言えるでしょう。

Trustnote(TTT)トラストノートはやめるべき?

上場している取引所のBit-Z(ビットジー)が中国の取り締まりで影響を受ける可能性も

中国政府は現在、仮想通貨を取り締まっており、
その影響をどこかのタイミングで受ける可能性があります。
中国本土に拠点をおいていた他の仮想通貨取引所は他国へ拠点を移していますので、Bit-Z(ビットジー)も、中国の動向次第で影響をうけるとみて間違いないでしょう

投機筋としてはよいが実装されるかは不明

新技術を搭載しているということで、見かけ上は非常によく、
ある程度の価格上昇は見込めるとは思いますが、
やはりあまり実装化できるイメージが湧きません。

もう少しどこかでに特化して、
現実世界での実装化をイメージできるような通貨になれば、
よりスケールすると思うのですが・・・

競合がすぐに出てきそう

割とよくあるコインです。
競合優位性は「DAG」を搭載していることのみ。

そのため、もしその技術が一般化した時のインパクトは相当でかいでしょう。
意味のないコインにもなりかねません。

Trustnote(TTT)トラストノートはどの取引所、販売所で買うの?

現在、日本からの購入はほとんどできません。
というのも、Bit-Zは新興の取引所ですし、中国に本拠地をおく、非常に中国寄りの取引所です。

決済通貨は「USD」「CNY」「DKKT」で、
支払い手段は「Alipay」「WeChat」「Cash deposit」などです。

ですので、
購入のタイミングはBinance(バイナンス)等の大手取引所へ上場した瞬間だと考えています。
大きな取引所へ上場すれば、そもそもの取引量が格段に増えるので、
価格上昇が期待できます。

興味のある方は、
口座開設からスタートしてみてはいかがでしょうか。

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所