step2

東京電力サービス「でんき家計簿」を使った節電生活でお金を貯めよう!

投稿:2014/11/13 更新:2016/12/13 | TAG 
スクリーンショット 2015-02-04 3.08.42
Pocket
LINEで送る

みなさんは東京電力のホームページはご覧になったことはありますか?

世間を騒がせた誰もが知っている大企業であり、また電気はとても身近であるにもかかわらず、ご覧になったことがない方も多いのではないでしょうか?

電気のない生活はありえない!うまくコントロールしよう

いまや暮らしに電気は欠かせないエネルギーです。

だからこそ無頓着に使用していると無駄が大きく膨らんでしまい、悔やむことになるのです。
節約方法の代表的なものとして、食費の工夫や保険料見直しなど、目に見える効果を優先的に行うこと、それ自体は問題ありません。

しかし、食欲を豊かに満たすことは人間の本能であり、必要以上に削るのは逆にストレスの元。
保険料の見直しも効果を期待しすぎていると、いざという時の備えに不足が生じてしまいます。

そこで、注目していただきたい節約ポイントが、電気使用料なのです!

使用電気量の見直しは、節約術の中でも欠かせない方法だということは周知の事実。

「使わない照明の付けっ放しを止める」「IH調理器での時短料理」などと並び、季節の温度調節は節電の要と言えるでしょう。

ですが、「暑いけれど、エアコンを我慢」「寒いけれど、重ね着で我慢」など過剰な節約は、健康状態に支障をきたす場合もあります。

節約の為と辛抱した結果、体調を崩し、薬代が必要になったのでは本末転倒ですね。

では、どのように電気使用料をコントロールすべきなのでしょう?

でんき家計簿で電気料金を節約しよう

そこでオススメめなのが、東京電力のホームページで紹介しているでんき家計簿です。

会員登録手続きを行えば、その後は月々の電気使用料及び電気代の確認ができるようになります!

また、各家庭に見合った料金設定や省エネアドバイスをしてもらうなど、各種サービスなどが無料で利用出来るのです。

いくつか興味深いメニューを簡単にご紹介しましょう。

ライフスタイル診断

提示されたいくつかの質問に答えると、1日の電気の使い方の診断が行われ、ライフスタイルに見合った料金設定や省エネ方法などをアドバイスしてくれます。

アドバイスを読むことで以前から知っていた省エネ方法の記憶も甦り、改めてスタートするきっかけになることも多くあります。

また、知らなかった方法を新たに実践すれば、一石二鳥と言えるでしょう!

定期的に利用してみることが効果的です。

我が家の光熱費診断

上記同様、いくつかの質問に答えると、家庭の光熱費(電気・ガス・灯油など)の使用状況や使用機器を変更した場合の光熱費の変化を診断してくれます。

非常に興味深いのが、使用機器を変更した時の光熱費がどのように変化するのか、シミュレーションできるところです。

最近の家電は省エネ対策が進んでいるので、実際に購入されたら省エネ効果が期待できるのは言わずと知れたことですね。

ところが、どの程度の効果が得られるかということは「使ってみなければわからない」が、本当のところではないでしょうか?

実際使用してみると「省エネに役立っているとは思えない!」「アナログな生活のままで良かったかも…」など、残念なことになりがちなのは、よくあるパターンです。

そんな時にこのツールを使うことで、新規機器の購入が適切なのか、それとも見送るのが賢明なのかが非常にわかりやすく表示されます。

これは、家電販店で働く店員さんたちにも即答は難しいことだと思われますので、ぜひ参考にしてみてください。

料金メニュー比較シミュレーション

電気使用実績に基づき、電気料金設定を変更した場合の金額を試算してくれます。
使用料を的確に想定、契約内容を見直すことは、節約にとても効果的ですね。

「ずっと同じ契約だから・・・」と放置することは、浪費の道をまっしぐらになってしまうかも!?

まずは、やってみましょう!

家電アシスト

自宅で使用している家電製品の「使用年数」や、取扱説明書・消耗品に関するメーカーのアクセス情報先、保証期限やリコールといったアラーム情報をWEB上から確認できるというツールです。

人間の記憶は曖昧なもの。

気になった時に説明書を探し始めることから始めるのではなく、WEB上でいつでも確認できると思えるのはとても心強く、便利なものです。

使用料を他の方と比べてみる

住所や住宅タイプ(戸建住宅と集合住宅)、家の広さ、家族の人数など、背景が似た家庭と電気使用料を比べるという画期的なサービスです。

実は、この辺りが一番気になるところではないのでしょうか?

「他の家庭では、どの程度の電気料を払っているのかしら?」
「あんな大きな家の場合、やっぱり電気代はお高いのかしら?」
と考えてはみるものは誰しもあるのではないでしょうか。

でも「お財布を覗くようで、聞くに聞けない」
「住宅事情が違うから、親しい人に聞いても正しい比較にならない」

だから、聞いても意味なし→目標無き節電に励む。

これでは、節約の意欲は失せて長続きしません。

でも、東京電力ならではの情報力を駆使して、この点を見事にフォローした情報がキャッチ出来るのです。

他のアドバイザーやツールは見るのが面倒と言う方も、ここは必見ですよ!

省エネアドバイス

季節や機器の用途など、様々な切り口から見た約50種の省エネアドバイスが表示してあるので、いつでも参考にすることができます。

思い立った時が節約の時。
でも具体的な方法に行き詰ったら、ぜひとも役立てましょう。

そんなに高度なテクニックが記してあるわけではありませんが、すぐに実践できることが満載です。

ネットで簡単手続き

  • 1.引越しに際しての手続き受付
  • 2.「アンペア変更」や「名義変更」などの契約内容変更の手続き受付
  • 3.電気料金の「口座振替払申込書」や「クレジットカード払申込書」の郵送手続きの受付

以上、大抵の手続きフォローを受け付けています。

いずれも、なんとなく面倒で後回しにしてしまいがちなことばかり。
中でも、アンペア変更は診断後に思い立ったなら、すぐにでも依頼すべき手続きのひとつ。

「電話をかけるよりも、ネットで問合せのほうが気安く行いやすい。」
そんなご時世に、ぴったりのサービスです。

意識改革こそが、節約の王道

実はこの「でんき家計簿」の利用率ですが、先の地震から東京電力という企業イメージは悪いこともあってか、あまり芳しくないようなのです。

このような優秀なサービスを、無料で使用できるにもかかわらず、本当に残念です。

100%の興味を覚えなくても、少しは覗いてみたい気がする方は、ぜひアクセスしてみてください。

登録後の利用は無料ですよ!

登録の際に必要となるのが、「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」で、下記入力が必要になります。

  • ①事業所コード
  • ②お客様番号
  • ③契約住所
  • ④契約名義

そして、口座振替を行っている場合には、口座番号も準備して登録に臨むと非常にスムースです。

申込後は、手続きが終了した旨のメールが届きますので、すぐにログインして利用することが出来るという簡単ステップ。

どなたでも始められます。

まとめ 節約に対する意識を変えよう!

ホームページ内では、雨量・雷観測情報や停電情報、福島第一原子力発電所に関する情報まで発信しています。

最近では、「東京電力の社員を装った詐欺や窃盗が増えているので注意してください。」というインフォメーションまで記載されているのです。

一見、節約とは異なる分野の情報であることから見過ごしやすい類のものではあると思いますが、常に電気に関するニュースに敏感でいること、また意識することで節電に対する意識も必ず向上するはず。

そういった意識の変化ゆえ、結果的に電気量の節約・電気料金支払いの軽減に繋がっていくのです。

もちろんスマートフォンでも閲覧OK! 興味のがある方は、あちこちご覧になってみてください。

そして、登録後は「でんき家計簿」を上手く利用して、新しい節電生活を始めましょう。

Facebook



Facebook





神戸 姫路 加古川 明石 ココロザシ ココロザシのネットショップ・ECサイト売上アップ方法 空港ラウンジ.com OMIYA! オデ速!