仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

海外輸入品などを大量に扱うならオークションよりも作業量が減るAmazonのFBAがオススメ

ネットでお金を稼ぐにはアフィリエイト、ネットオークション、海外輸入、クラウドソーシング、情報起業、ポイントサイトなどたくさんありますが、初心者が一番稼ぎやすいのは、ネットオークションでしょう。
中級者であれば、海外輸入と組み合わせて、イーベイやタオバオから商品を仕入れて、ヤフオクやメルカリで売る方法が稼げます。
これは今ではネット副業の中ではメジャーなノウハウになったので、多くの人が実践しています。
もしかしたら、あなたもやったことがあるかもしれませんね。

オークションなど販売が活溌的でも収入が頭打ちになる理由

輸入ビジネスとネットオークションは確かに稼げますが、ある問題があります。
それは、物理的に収入が頭打ちになりやすいことです。

ネットオークションの流れとしては、商品を仕入れて、商品を出品して、落札されたら落札者に連絡して、商品代金を支払ってもらい、商品を発送します。
経験者の方であればよくご存知と思われますが、手間と時間がかかってしまいます。

ネットオークションは商品を商品を出品して売れないとお金が稼げません。
しかし作業できる時間には限界があるので、自分の作業できる時間が稼げる金額になってしまうのです。

高額で利回りが高い商品を仕入れて売るのであれば話は別ですが、ネットオークションで売れる多くの商品はそれほど高くは売れませんので、たくさん稼ぐには薄利多売になってしまいます。
特にタオバオやアリババなど中国輸入の場合はなおさらです。

AmazonのFBAを使って作業時間を減らし、より稼げる時間を作ろう

副業でも薄利多売で稼げてしまう方法があるのです。それがAmazonのFBAです。

月額固定4,900円(税抜)で利用できるこのFBAというサービスは、Amazonの倉庫に商品を送り、商品が売れたら後はAmazonが商品を梱包出荷、代金を回収して発送してくれるという作業を代理してくれるシステムです。

自身は商品をAmazonにただ送るだけで、あとは何もする必要がありません。
さらにAmazonは同じ商品であれば他人の商品ページに商品を出品することができるので、都度出品するたびに商品説明を書いたり写真を撮ったりする手間もありません。

さらに、Amazonはアクセス数が多く、毎日たくさんの人が何かしらの商品を買ってくれるので、あなたが出品した商品も売れやすいです。

もしあなたが時間がないのであれば、AmazonのFBAをやってみてはいかがでしょうか?