熱帯魚の水草は増やせるのでオークションなど販売におすすめ!元手いらずだが枯れるデメリットもしっかり把握しよう

私は今ネットオークションやフリマアプリでとあるものを販売し、お金を稼いでします。
その意外なものとは水草です。
水草は熱帯魚やアクアリウムなどで大変人気で、あまり流行に流されず根強い人気は長い間続いています。

水草に目をつけたキッカケ

もともとは私のアクアリウムを趣味にしており、インターネットや熱帯魚店、ペットショップなどで水草を購入しては水槽に入れ育てて楽しんでいました。
水草は結構高価で小さな鉢に入ったものが数千円することも少なくありません。
さらに、美しい水槽を目指すとなるとたくさんの種類の水草が必要になりますし、失敗すれば枯れてしまう事も多いです。
水草は高値で販売されているとはいえ、海外の熱帯地区などではいわゆる雑草ですので、実は環境さえ揃えてしまえば非常に丈夫で簡単に栽培し増やすことが出来るのです。
そこで私はこの水草を栽培し、増やした後でネットオークションやフリマアプリなどで販売することにしました。

水草を販売するための準備

まずは増やす前の水草を手に入れてから栽培し増やさなければなりません。
私の場合、もともと趣味で育てていた水草がありましたので、それを増やすために新たに環境を作った水槽内に入れました。
また、人気の種類の水草を手に入れようとフリマアプリを見てみると、恐らく趣味でアクアリウムをやっている人が増えすぎた水草を低価格で販売していました。
その中から人気の水草を数種類購入し同じように水草を育てる用に作った水槽に入れ植えました。

水草は熱帯魚や見た目を気にして育てると意外と難しいのですが、完全に増やすためだけ、水草だけを育てるための環境を作ってしまうと簡単にかなりの量を増やすことができます。
さらには水上栽培という方法で、水草をあえて水の上からだし栽培することで繁殖のスピードを上げることができます。

高く売るだけだと離れるのでお得感をもたせてみよう

このようにして栽培し増やした水草を実際にネットオークションやフリマアプリで販売していきました。すると、結構な数が購入されました。
具体的にはプリンのカップ一つほどに入れた水草が大体500円から1000円ほど。人気のある珍しい水草の大きな株は5000円を超える事もあり驚きでした。
値段などの設定のコツは、「値段を少し高くしてでも量を多く入れる事」でした。
やはり水草も生き物ですから枯れてしまう事も多いです。きっと購入した人も同じ経験をして初めから少し多めの量を購入するのでしょう。

水草を販売する最大のメリットとデメリット

この方法の素晴らしいところは「増やせる」という事です。
販売し在庫が減ったらまた、栽培をすれば水草はどんどん増えていきます。
私は増えた分だけインターネットで販売するためある程度の水草のストックはとっておき、またそれを増やして増えた分を販売するという方法を取っています。
デメリットとしては、栽培し増やしている間は少し時間がかかります。

とはいえ、元手は水草の購入費や土程度しかかかりませんし、増える段階に入ってしまえばあとは水と少しの肥料だけで育てることができます。
植物を育てる楽しさもありますので、是非お勧めです。