仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

ヤフオク裏技!検索期間を延長してオークション販売の手助けに

不要なもの、あるいは安値で仕入れたものをヤフオクに出品するのは、インターネットを使ってできるもっとも簡単なお小遣い稼ぎです。

ここで気になるのは、一体いくらで売れるのか、開始価格をいくらに設定したらいいのか、ということですね。

開始価格と落札価格を無料で調べる裏技!

オークファン」という落札相場を調べるサイトもあり、無料で試すこともできますが、無料で見ることができるのは直近の3か月分だけ。

詳しく知りたい場合は、有料の会員登録をしなければいけません。

それにオークファンは検索もしにくく、やたらと広告が多くて、見やすいサイトとは言えないというのが個人的な感想でもあります。

実はオークファンより期間の長い過去4ヶ月分のヤフオクの落札価格を簡単に検索できる方法があるのです。

それもヤフオクのページから堂々と!
料金はもちろん無料。
それどころかログインしなくても検索が可能なのです。

ヤフオクのページの上にある検索ワード枠の右側にあるムシメガネマークのさらに横、小さな枠で囲まれた「+条件指定」というマークをクリックします。

すると検索枠が三つに増えます。
検索ワードは後で入力することにして、その上の二つの欄、「開催中のオークション」「終了したオークション」に注目。
「終了したオークション」の方をクリックして、検索ワードを入力、カテゴリを指定したければ希望のカテゴリにチェックを入れ、右下の検索ボタンをクリック。
すると過去4ヶ月間のデータがズラリと出てきます。

終了日の近いものから順に並んでいますが、落札価格順に並べ替えたり、更に細かいカテゴリの指定をしたり、最初の検索画面に戻って指定ワードを変更したり、不必要なワードを入力して、そのワード抜きで検索することも可能です。
中古を出品するので、中古品だけの結果を知りたい場合は、左側の「商品の状態」で中古だけ、あるいは新品だけ、を選んで表示させることもできます。
気になる商品があったら、タイトルかまたは画像をクリックすると、出品の際の詳細を見ることもできるのは開催中のオークションを検索する時と同じです。

もう一つ、この条件指定検索のすごいところは、開始価格と落札価格も一度に見ることができること。
いろいろ見ていると、お安く出品するのはリスクがある反面、価格が上がることも多いという傾向などがわかってきます。

条件指定検索を使うと、開催中のオークションについてもこと細かく検索できるので、特にヤフオク・ビギナーにお薄目の強い味方。
無料で簡単に検索できるので、是非活用して、少しでも高値で落札されるようにしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です