【やばい!】メルカリでトラブル発生時の対処方法

あなたはメリカリを利用したことがありますか?

メルカリは自分の不要になった所持品を販売することができるフリマアプリです。
非常に便利なアプリで、私も愛用しているのですが、まれにトラブルに巻き込まれることがあります。

今回は、メルカリでトラブルが発生した時の対処法について紹介したいと思います。

商品を購入したときのトラブル

おっ?となる男性
まず最初に、商品を購入する側のトラブルについて紹介したいと思います。

「欲しい商品を購入したのに届かない」、「購入時の契約と違う点がある」など困ったトラブルに巻き込まれたときに正しく対処ができるように知識を身につけましょう。

商品が届かない

メルカリで商品を購入したけれど届かない。

商品が届かないほとんどのケースが、出品者が商品を出品したことを忘れていることが多いです。

メルカリからも、商品購入時や代金が支払われた時、発送を促すメールなどが登録したメールアドレスに当てて送信されるのですが、メールを全くチェックしない出品者は購入された事に気がつきません。

そのため、購入しても商品が届かないというトラブルに繋がります。

出品者が購入されたことに気がつかない、という理由の他に発送事故の可能性も考えられます。

【対処法】
出品者が購入に気がつかず、商品が発送されないというトラブルは購入前に、コメントをすることでトラブルの予防をすることができます。
コメント後、出品者から返信が着たことを確認した後に購入することで、出品者が購入に気がつかないトラブルを回避することができます。

発送事故に関しては、出品者にも購入者にも非がありません。
しかし、いつ発送事故が起こるかわからないので、念のために少々お値段は高くなりますが、追跡のついた発送を出品者にお願いしましょう。

購入したものと違う商品が届いた

商品を購入したが、説明と違うものが届いてしまった。
偽物が届いてしまった。

こういった出品者側の不備によるトラブルの対処法を紹介したいと思います。
誤って購入したものと違う商品を発送してしまう出品者もいますが、謝罪を含め正しい商品を送りなおしてくれるか、キャンセルを勧めてくれるユーザーが多いです。
しかし、意図的に購入したものと違う商品を送り付ける出品者もいます。
こういったトラブルにはどのように対処すれば良いのでしょうか。

【対処法】
商品が届いた時に、説明と違うものだと判明した場合には「絶対に受取評価をしない」これを徹底しましょう。
メルカリの仕組みとして、受取評価が確定した時点で出品者に商品の代金が振り込まれます。

もし届いた商品が偽物であっても、受取評価をしてしまっては取引が終了してしまうのです。

取引メッセージの欄にて、購入したものと違う商品が届いたという趣を伝えキャンセルを希望するか、正しい商品を送るように伝えることでトラブルから身を守ることができます。

キャンセルを希望する場合には、事務局に連絡を入れることで返金がスムーズに進みます。

送料込みのはずだったのに、着払いで商品が届いた

送料込みの値段で販売されている商品が、着払いで届いてしまった。

そんな時には出品者が送料の負担選択を間違えている可能性があります。

【対処法】
「なんでだ!」と怒る気持ちもわかりますが、まずは落ち着いて出品時の商品ページを確認し「送料込み」か「着払い」かを確認しましょう。

送料込みの料金で商品を購入したことが確認できたら、出品者に取引メッセージで話し合いましょう。
送料の負担や商品の返送を相談し、事務局へ連絡を入れましょう。

商品を出品したときのトラブル

イライラ女
ここでは、商品を出品した時のトラブルについて紹介したいと思います。

これからメルカリを利用しようと考えている人が、トラブルに巻き込まれないように、巻き込まれても的確な対処ができるように知識を紹介させていただきます!

商品が届かないと言われた

商品を発送したにもかかわらず、商品が届かないと言われてしまった。

そんな場合にはどうすれば良いのでしょうか。

「商品が届かないんだけど!」(本当は届いているけど・・・)
商品が届いているにもかかわらず、届いていないという嘘を吐く悪質なユーザーも中には存在します。

【対処法】
発送直前の荷物の写真を撮っておきましょう。
発送したという証拠のためにも、レシートを保管したり切手が貼ってある状態で写真を撮っておくことでユーザーの嘘を暴くことができます。

本当に商品が届いていない場合には、発送事故の可能性があるので多少送料が高くなってしまいますが、追跡機能や事故時の補償がついた発送を選択することでトラブルを回避することできます。

相手と連絡が取れなくなってしまった

出品していた商品が購入されたけど、購入者からの連絡が一切ない。
自分から取引メッセージを送っても全く連絡が取れない。

メルカリを利用していると、このようなトラブルにも巻き込まれる可能性があります。

【対処法】
購入者と連絡が一切取れない場合には、支払いが済んでいるかどうかを確認します。

既に支払いが済んでいるにも関わらず、連絡が取れない場合には「入金したからあとは届くのを待つだけ」という取引メッセージを必要としないユーザーなのかもしれません。

通常通り、商品を発送することで取引を終了させることができます。
もし入金が確認できない場合には、入金期限を過ぎた後に事務局がキャンセル対応を行ってくれます。

送った商品が戻ってきてしまった

商品を送ったけれど、購入者が受け取れずに戻ってきてしまう。

そんなトラブルがあります。
一定期間の再配達で受け取られないと、このように商品が戻ってくることがあります。

殆どのメルカリユーザーが想定していない事態ですが、このようなトラブルにはどのように対処すれば良いのでしょうか。

【対処法】
もし送った商品が戻ってきた場合には、購入者へ再送するか、キャンセルをするかの選択をお願いしましょう。
再送の料金一緒に伝えてあげると、スムーズにトラブルを解消することができます。

もし購入者との連絡が取れない場合には、事務局へトラブルの現状を伝えることで購入者へ連絡を入れてくれます。

これ以外のトラブル

今回紹介したトラブル以外にも、メルカリを利用しているうえで気になる点やトラブルが複数出てくると思います。

「受取評価をした後に不具合が発覚した」
「使ってみるととんでもない不良品だった」

これらのトラブルは序の口で、予想外のトラブルがさらに存在します。
メルカリが想定していないようなトラブルに巻き込まれてしまった時には、mercari BOXを利用してみてみましょう。
メルカリの利用者同士のコミュニケーションの場で、疑問を解消することが出来ます!

mercari BOX

メルカリを楽しく、有意義に利用するためにも今回紹介したトラブルの対処法を頭に入れておいてくださいね!