安い案件や高すぎる案件は自分の首を絞めるだけ!ランサーズで効率よく時給を上げるには?

毎日同じ時間に同じ道を通って会社に行き、同じ服、同じ髪色の人達と仕事をする。
家に帰っても、次の仕事のことを考えて家事以外は特に何もできずに早く寝る。

そんな生活を送って、安定した給料はもらえますが、朝起きるときと夜寝る前が憂鬱で、会社に行っても「また同じ仕事か」と日々心が苦しくなっていきました。
私は、お金は少なくてもいいからもう自由度のある稼ぎ方をしたいと思いはじめました。

そうして、ランサーズという、インターネット上にある仕事を受注していつでもどこでもお金を稼げるという手法に出会いました。
「さっそく稼ぐぞ、文章書くくらい誰でも出来るだろう」と気合をいれ、狙ったのは一件1,000円くらいの比較的高い案件でした。

しかし、文章を書いた経験は人並みで、国語の授業や作文程度しかない自分が、人が読むレベル仕上がりの仕事ができるはずもありませんでした。
ましてや、高い案件は文字数が多かったりテーマが身近でないもので、内容が表に出てきにくいものだったりします。

高い案件は初めは難しいということを実感したので、安くて文字数の少ない記事を書くことにしました。
一件数十円や100円程度の記事を何件も書き続け、いろいろな方面から見方をしてのレビューを書いたり、自分が主婦であったら、学生であったらなど自分の気持ちを変えて書いたりすることで、文章が長く書けるようになりました。
次第に1,000文字程度の500円の案件を書けるようになっていきました。
それでも、一件書くのに4,50分はかかり、自給換算してもアルバイトのほうがマシな状況でありました。

そこで、なんとかもっと稼げないかと思い、テーマを絞って高い案件の多いテーマを探しました。
青汁のレビューや体験談などを書きながらどれが高いかを見ていったなか、知名度の高い通販商品のレビューや、売り出し中のタレントの紹介などは、報酬が高いことが多いと気づきました。
おそらく、お金に余裕のある、通販商品の販売会社や、タレントの事務所の方が依頼をしているので報酬が高いのだと思います。
1,000文字で1,000円の案件もありました。

ランサーズでお金を稼ぐには、テーマを絞って書くことが大事

時間の話では、自分の苦手なテーマに苦戦するのは無駄になるので、得意なテーマを作って、数をこなしたほうが稼げます。
得意なテーマを選ぶ時は、有名な会社の商品や芸能関係の案件は高いことが多いのでおすすめです。

文章は書けばコツがつかめるので、初めは芸能やレビューの書き方がわからなくてもだんだんと得意になっていくと思います。
そうして私はだんだんと稼ぐ効率を上げていきました。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE