Deprecated: Array and string offset access syntax with curly braces is deprecated in /home/azerlhqu/public_html/netbisi.com/wp-includes/script-loader.php on line 757

Deprecated: Array and string offset access syntax with curly braces is deprecated in /home/azerlhqu/public_html/netbisi.com/wp-includes/script-loader.php on line 757

Deprecated: Array and string offset access syntax with curly braces is deprecated in /home/azerlhqu/public_html/netbisi.com/wp-includes/script-loader.php on line 758

Deprecated: Array and string offset access syntax with curly braces is deprecated in /home/azerlhqu/public_html/netbisi.com/wp-includes/script-loader.php on line 758

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/azerlhqu/public_html/netbisi.com/wp-includes/formatting.php on line 4798

Deprecated: Function get_magic_quotes_gpc() is deprecated in /home/azerlhqu/public_html/netbisi.com/wp-includes/formatting.php on line 4798
YouTube一本あたりの動画の長さ(適切な再生時間)は何分?どれぐらいで投稿?

YouTube一本あたりの動画の長さ(適切な再生時間)は何分?どれぐらいで投稿?

YouTuberが職業として成立するようになってから早数年。

YouTuberの事務所ができたり、テレビなどのメディアにも取り上げられるようになってきて、その勢いは今も加速し続けています

とは言ってもYouTubeドリームを掴もうとする方のなかには、なかなか登録者数が伸びずに諦めてしまう人も…

しかし、せっかく面白いものを作れるのに、投稿時間や動画の長さといった「再生回数を伸ばすテクニック」的な部分でコケてしまい、辞めてしまうのは非常にもったいないです!

これからYouTuberを目指す方も、一度諦めかけてしまった人も、今回の記事を参考にしてちょっと工夫するだけで、目標へと一歩近づけるかも!

今回はズバリ、「動画の長さ」についてです!

YouTube一本あたりの動画の長さ(適切な再生時間)は何分?動画の長さの重要さ

音楽からお笑い、クイズなど、いまやYouTuberの種類は非常に多くなっていて、ライバルが多い業界になりつつあります。

そんな中で他の人より一歩リードするためには、何よりもまず「最初の一本目を観てもらいやすく」する必要があります。

例えば新しく興味を持ったジャンルについて検索したとき、沢山の動画が出てくる中で皆さんは何を選びますか?

サムネが一番目立つとか再生回数が多いとか様々な理由はありますが、何となく一番手軽に観られそうなものを選ぶはず。

また、ちょっと専門的だったり情報を必要としていたりする場合には、少し動画が長めでもクオリティがしっかりしているものを選ぶ場合も。

どちらにしても共通して意識すべきなのは、「ライバルたちの中で一番優先的に見てもらうこと」です!

YouTube一本あたりの動画の長さを決めるコツ

実際に動画を作ってみると分かりますが、編集の際にカットを入れるのって結構難しいですよね。

自分では面白いと思ってついつい長くなりがちで、第三者から見ると「なんでこんなにダラダラ進んでるの?」とか思われることもしばしば…

動画の長さに悩んだ時に大事なのは、扱っている内容(コンテンツ)の種類です。

コンテンツの種類によって適切になる再生時間は変わってくるので、そこをきちんと理解していれば何が必要で、逆にどこをカットすればいいかがわかるはず!

YouTube動画コンテンツごとの特徴

そこでここからは適切な時間を見極めるために、ここではいくつかコンテンツごとに分けて、それぞれ目安となる時間とその理由についてアドバイスしたいと思います。

メイク・美容系のYoutube動画

オススメ時間:10分前後

女性のメイクのコツ動画や新作の紹介、男性でも髪型セットのコツなどを教える美容系の動画がありますが、これは長くもなく短くもなくといったところが狙い目です。

というのも、このタイプの動画は内容に魅力があっても長すぎると参考にしづらいことが多いから。

大切な部分をシンプルに伝えた方が分かりやすいですし、視聴者側にとっても「あれ?どうやるんだっけ?」となった際にもう一回見返すのがスムーズで、再生回数が稼ぎやすいです。

ただし、まとめすぎて大事な部分まで説明を飛ばしてしまうと、かえって信頼してもらえなくなる可能性も。

手軽さと情報量の充実を両方兼ね備えるために、大体10分前後をお勧めします!

ゲーム実況系のYoutube動画

オススメ時間:30分前後(※)

ゲームの実況系はある程度まとまった時間を確保した方が満足度は高いですね。

特にRPGのようにストーリーがあるものだと、ある程度区切りの良いところまで進めないと観ている側は退屈してしまうし、パートで分けても「part100」みたいに長すぎると初見では観る気が無くなってしまいます。

そうすると必然的に大体30分くらいが区切りも良く、手も出しやすい再生時間になるでしょう。

ただこの時注意したいのが、「本当に面白いところ以外はしっかりカットする」という点です。

自分ではちょっと気に入っている部分でも、そればかりでいつまでもゲーム自体が進んでいなかったら本末転倒!ゲームの進行と自分の実況のバランスを保つことが重要です

(※ゲームでも、サクサク終わるゲームアプリなどの場合はここまで長くする必要はなく、むしろ短くまとめる方がオススメです)

面白い企画もののYoutube動画

オススメ時間:5分前後

いわゆる「○○やってみた!」とかですね。

もちろんこれにも種類があるので、全てをこの時間に収めるのは難しいかもしれませんが、まだまだ自分に人気が出る前の段階では長い動画はお勧めしません

というのも、知らないYouTuberが何か企画をやっていても、動画が長いとよっぽど内容に魅力がなければ見る気になりにくいから。

またこのタイプの動画はSNSでシェアしたり、友達に見せたりすることで人気が広がるケースが多いです。

外出先で友達に見せるとき、30分もある動画を見せるのはちょっとハードルが高いですし、データ通信もバカにできない量になってしまいます。

このように「手軽さ」の方により重きを置くことが重要になるため、動画の時間は短めに抑える方がオススメです!

Youtube動画は動画の長さはもちろん、細かい部分にも力をいれていこう

YouTuberとして人気を得るためには、コンテンツそれ自体の面白さはもちろんですが、動画の長さなど、それ以外の細かい部分にもちゃんと力を入れたほうがいいです。

今回は動画の「長さ」がメインテーマでしたが、ネトビジでは他にもこうしたYouTuber関連の内容を取り扱っています。

【YouTubeの再生回数を伸ばす方法】動画を投稿するオススメ時間帯とは?

ライバルが多ければ多いほど、こうした些細なポイントが差をつける決め手になることも!

今回の記事が参考になった方は、ぜひ合わせてこちらの記事もチェックしてみてください!