仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

Youtubeで動画を投稿して広告で稼ぐ!収入までの仕組みと注意点まとめ

近年、スマートフォンの普及もあって、誰でもカンタンに動画を撮影してインターネットで投稿できるようになりました。

動画投稿サイトで有名な所といえばYouTubeやニコニコ動画ですが、これらの動画投稿サイトに撮影した動画を投稿してお金を稼ぐことができることをご存知でしょうか?

動画投稿でお金が稼げる仕組み

今回はYouTubeでお金を稼げる仕組みを中心に説明していきます。

動画を視聴しているとバナー広告や動画の前に数秒のCMが入る事がありますね。
このCMで広告収益が発生しています。

この広告収益はYouTubeと動画投稿者に割り振られるため、動画を投稿してたくさん再生をしてもらうと収益が発生、金がもらえるという事になります。

このため動画投稿者側は利用者がたくさん投稿してコンテンツが充実してくれないと困るので、お金を分配してくれて動画をたくさん投稿してもらおうとしています。

権利に注意

実際に動画投稿をしてみると分かりますが、どんな動画でもお金が稼げるわけではないということに気づきます。

一番注意するべきポイントは著作権は誰のものかということ。

例えば動画のBGMに自分が権利を持たないものを利用した場合、報酬が受け取れない可能性があります。
BGM以外にも画像などにも権利はあるため注意する必要があります。

こういった権利をクリアしやすい動画は昨今ブームの猫をはじめとした、動物の動画などでしょう。
料理の動画なども権利問題をクリアしやすいです。

流行っているゲームのプレイ動画などは著作権問題がクリアできていないものが多いのでグレー部分です。

ただし任天堂の一部のタイトルや、マインクラフトのように許可されている作品の動画については収益化する事ができます。

実際どれくらい稼げたのか

みなさんが一番聞きたいこと、それは実際に動画を投稿してみてどれだけ稼げたかというのが一番気になると思われます。

私の場合は趣味の延長で動画の撮影と投稿をしているのでジャンルの偏りはあるものの、数日に1本程度、撮影から簡単な編集までを数時間程度で済ませたものを投稿すると月3万円程度の稼ぎになります。

投稿者の知名度や動画の内容によっては爆発的な再生数の伸びなどもあると思うので、一概に目安の金額などを示すことは難しいです。

ただし数万円程度なら誰でも狙える範囲ではないでしょうか。

一部の有名youtuberと同等の収入というのは厳しいですが、お小遣い程度であれば、誰にでも稼げるチャンスがあります。

注意

投稿したら稼げるというような性質ではないので、確実に収入を増やしたい人には向きません。
あくまでも趣味の1つとして楽しみながら、副収入が入ったらラッキー程度と考えておきましょう!