家庭菜園・ビギナーさんにおすすめの野菜5選【実もの・根もの編】

春は野菜を植えるのに適した季節です。
市民農園は、4月から貸し出す所も多いので「今から野菜を育てるぞー」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、ビギナーさんにおすすめの「実もの」と「根もの」の野菜をご紹介します。「実もの」はトマトやナスなど実のなる野菜、「根もの」はニンジンやダイコンなど根をいただく野菜です。
ここでは、「育てやすい」「たくさん採れる」「毎日食べてもあきない」の3つをポイントに選びました。

「葉もの」のおすすめ野菜は、>>こちらも参考にしてくださいね。

家庭菜園・ビギナーさんにおすすめ!実もの・根もの野菜5選

1 ジャガイモ

【おすすめの理由】
家庭菜園定番の野菜と言えば、ジャガイモ。育てやすく、たくさん収穫でき、いろいろな料理に使えるうれしい野菜です。ちなみに、「根もの」で紹介していますが、ジャガイモは根ではなく茎の部分が大きくなったものだそうです。

【栽培期間】
タネイモの植えつけ:3~4月
収穫:6月~7月

【栽培のポイント】
栽培用に育てられた病気に強い「タネイモ」を使います。園芸店やホームセンターなどで手に入ります。タネイモは、大きければ40g程度に切り、切り口を乾かしてから、深さ20㎝の溝に30㎝間隔で植えます。霜の心配があるので、マルチシートをかけておくと安心です。芽が出たら元気な芽をのこして、他の芽は抜きます。6~7月ごろ葉が黄色くなったら収穫時です。

ジャガイモの育て方は>>こちらも参考にしてくださいね。
ジャガイモの特徴・育て方・家庭菜園・失敗から学ぶポイント

2 プチトマト

【おすすめの理由】
こちらも家庭菜園の人気野菜ですね!たくさん収穫できる、育てやすい、赤くてきれい、おいしい、と人気のポイントをすべて兼ね備えています。ふつうの大きなトマトは実が割れたり、形がいびつになったりして、ビギナーには栽培が難しいのですが(経験談)、プチトマトは比較的失敗がありません。もぎたてのトマトは甘く濃い味で、おやつ感覚で食べられます。

【栽培期間】
苗の植えつけ:4~5月
収穫:7月~8月

【栽培のポイント】
大切なのは、丈夫で元気のある苗を選ぶこと。本葉が8~10枚ほどの緑の濃いものがおすすめです。50~60センチ間隔に植え、支柱を立てて茎を結わえます。大きく育つので、丈夫な支柱が必要です。葉の付け根にわき芽がでるので、こまめに摘み取ります。これで実が大きく育ちます。花が咲いてから40~50日ほどで実が赤くなります。十分に熟したものから収穫しましょう。

丈夫な苗の選び方は>>こちらも参考にしてください。
【保存版】家庭菜園のコツ・失敗しない苗(なえ)の選び方・種類とは?徹底解説

3 きゅうり

【おすすめの理由】
夏野菜の代表格。とれたてのキュウリは、実が詰まっていて甘く濃い味がします。一度食べるとスーパーのキュウリが食べられないほど。別の野菜のようです。ぜひ、家庭菜園にトライして自家製のキュウリを味わってください!春が栽培の季節です。

【栽培期間】
苗の植えつけ:4~5月
収穫:6月~8月

【栽培のポイント】
キュウリの苗は本葉が2~3枚のがっしりしたものを選びましょう。株の間は40㎝、深く植えすぎないようにして、軽く土をおさえて落ち着かせます。苗が風で動かないよう、支柱を立てて茎を結わえます。キュウリは葉っぱが広がるので、風を受けて支柱が倒れること多し。畑をちょくちょくのぞきましょう。水を好むので、土が乾燥したらこまめに水をあげます

適当な大きさになったら、順次収穫していきます。一日で大きく成長するので、収穫のタイミングを逃すと巨大キュウリができます。私の市民農園では、夏の終わり頃になると、ヘチマのようなキュウリがあちこちにぶら下がっています。「忙しかったのかな。もう十分収穫して食べ飽きたのかな」などと、思いを馳せながら眺めています。大きくなっても、炒め物や漬け物にと上手に使いましょう。

キュウリは手がかからないと言われますが、経験上、そんなに簡単ではないと思います。わが家では、葉っぱに斑点がでたり、実がくるんと曲がったりすることがありました。農薬を使わないからかもしれません。病気や肥料不足など、いろいろな原因があるようで、毎年、試行錯誤しながら育てています。

キュウリの苗。節と節の間が短く、緑の濃い葉のものを選びましょう

4 ダイコン

【おすすめの理由】
大きく育つので、収穫時の達成感も大きいです。葉っぱも捨てずに使いましょう。ビタミンや鉄分が豊富に含まれています。刻んでごま油で炒めてお醤油をたらせば、ご飯に最高のおかずに!冬の寒さで甘く育つ、秋まきダイコンがおすすめです。

【栽培期間】
苗の植えつけ:8~9月
収穫:11月~12月

【栽培のポイント】
土を細かく耕して、石やゴミをていねいに取り除きます。不純物があると、根が二股に分かれてしまいます。一ヶ所に5~6粒のタネをまき、成長に合わせて間引きをします。本葉が5~6枚になったら1株だけ残し育てていきます。葉っぱが大きくなり、クジャクの羽のように開いてきたら収穫どきです。

ダイコンの作り方はこちら
大根(ダイコン)の特徴・育て方・栽培方法・コツ・家庭菜園についてダイコン(大根)の特徴・育て方・栽培方法・コツ・家庭菜園について

5 エンドウマメ

【おすすめの理由】
とれたてのグリンピースは本当に甘くておいしいです!個人的に一番好きな野菜です。ひすい色の美しいマメはまるで宝石のよう。さやからマメを出す作業も楽しいもの。グリンピースの他にも、ソラマメやインゲンマメなど、マメ科の植物は比較的栽培が簡単でたくさん収穫できるので、家庭菜園では人気の野菜です。

グリンピースのマメまきは秋。収穫は翌年の春。わが家では去年の秋は畑を休ませていたので、今年の春は収穫がありません。市民農園ではみなさんが育てたグリンピースが大きくなっています。うらやましい。今年の秋は絶対に育てます!

【栽培期間】
マメまき:10~11月
収穫:5月~6月

【栽培のポイント】
霜がおりる前の10月頃にタネをまきます。30~40㎝間隔で一ヶ所に3~4粒を2~3㎝の深さにまきます。寒さが厳しくなる前に、根元に切りワラなどをしいて防寒をします。春になるとつるが伸び始めるので、支柱を立てます。葉が広がるとかなりのボリュームになるので、しっかり支柱をたてましょう。花が咲いてから40日くらいで収穫できます。

白、ピンク、紫などのきれいな花が咲きます

 

タネから育てる方法もありますが、ビギナーさんには苗から植える方法が手軽なのでおすすめです。

家庭菜園・カンタン・おいしい・栄養たっぷりの野菜

「育てやすい」「おいしい」「毎日食べてもあきない」というポイントから、おすすめの実もの・根ものの野菜をご紹介しました。春は、トマトやキュウリなどの夏野菜を植えるにはピッタリの季節。家庭菜園をはじめてみてはいかがでしょうか。

初心者にオススメの野菜の作り方はこちらも参考にしてくださいね。

ミズナの作り方はこちら 
ミズナの特徴・育て方・栽培方法・コツ・家庭菜園について

ブロッコリーの作り方はこちら
ブロッコリーの特徴・育て方・栽培方法・コツ・家庭菜園について

ニンジンの作り方はこちら
ニンジン(人参)の特徴・育て方・栽培方法・コツ・家庭菜園についてニンジン(人参)の特徴・育て方・栽培方法・コツ・家庭菜園について

タマネギの作り方はこちら
タマネギ(玉葱)の特徴・育て方・栽培方法・コツ・家庭菜園について

ニラの作り方はこちら
ニラ(韮)の特徴・育て方・栽培方法・コツ・家庭菜園について

ビギナーさんが手軽に家庭菜園をはじめられる農園もあります。

シェア畑について詳しくはこちらです!
シェア畑(レンタル畑)とは?高い?魅力・評判・料金・無料見学まとめシェア畑(レンタル畑)とは?高い?魅力・評判・料金・無料見学まとめ



農業をすると節税できるという嬉しい情報もあります!
こちらの記事も参考にしてみてくださいね!
人気の農業でしっかり節税!兼業農家としてお金が貯まるテクニックとは?人気の農業でしっかり節税!兼業農家としてお金が貯まるテクニックとは?