仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

仮想通貨Stratis(STRAT)ストラティスとは?やめるべき?仕組み・買い方・チャート・将来性・オススメの取引所を解説。

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所

Stratis(STRAT)ストラティスとは?

 

通貨名 Stratis
通貨略称 STRAT
公開日 2016/8/13
時価総額 ¥46.03 B
時価総額ランキング 32
発行上限 98,793,809 STRAT
公式サイト STRAT
 Twitter STRAT Twitter

 

Stratisは、STRATが略称の仮想通貨です。
一時は初期値から2000倍近い爆上げを記録し、大きな話題となりました。
草コインの域を優に超え、有望な仮想通貨の一つになっています。

どんな仮想通貨か?
一言で言えば、

ブロックチェーン上で、簡単にアプリケーションを開発できるようになるブロックチェーン開発プラットフォームです。

Stratisのプラットフォームを使うことで、開発が簡略化され、非常に効率よくブロックチェーンを作り上げられるようになります。
また、StratisはC#言語での開発が可能ですので、
ブロックチェーン専用の難しいコードを学ばなくて済むと言います。

汎用性を高め、ブロックチェーン開発の土台になろうと奮闘しているんですね!

Stratis(STRAT)ストラティスの特徴は?

プラットフォームとしての役割

Stratisはプラットフォームなため、様々なツールのインテグレートが可能です。
例えば、StratisAPIを利用しながら、Microsoft.NETフレームワークを活用したり、
イーサリアム、WAVE等のその他のブロックチェーン機能をStratisに追加することも可能です。

それを専門知識の無い一般の人に対して、彼らが操作できるようにシステムを構築するのは、非常に難解であると思っています。

未来のためにも、BaaSを作り上げて欲しいですね。

BaaSとは?

Stratisは「Blockchain as a Service」と名を打って、専門知識のないユーザーもブロックチェーンを利用できるようなプラットフォーム作りに励んでいます。
将来的には、C#言語ではなく、ドラッグ&ドロップでアプリを開発できるようにしていくそうです。

ブロックチェーン版のwix.comと思っていただければ、間違い無いと思います。

非常に近未来的で、良いと思います!

誰でもブロックチェーンを作れる?!

Stratisプラットフォームを利用すれば、
誰でもブロックチェーン(プライベートチェーン)を構築できます。

①Stratis Cloud Portalにアカウントを作成
②Stratis利用のために、専用トークンSTRATを購入
③Cloud Portalと呼ばれる管理画面へ移動し、選択する
④各種パラメーター*を指定する
*最大ブロックサイズや、マイニング報酬など、いずれも非常に基礎的なパラメーターなので、心配なし!

Stratis(STRAT)ストラティスの開発者は?


StraitisのCEO、Chrisは、ファイナンスのバックグラウンドのあるエンジニアで
CEO/CTO/CFOが全てできるような最強人材です。

Stratis(STRAT)ストラティスのチャートは?

Stratis(STRAT)ストラティスの将来性は?

ネトビジ!としてはStratis(STRAT)ストラティスをオススメしています!

特徴としてあげましたが、開発言語としてストラティスはC#を採用しています。
C#は汎用性が高く、かつ学んでいる人の数も多い。
遠い存在のように感じるブロックチェーンを身近なものにする、そんな役割を担うプロジェクトであると予想されています。

また、仮想通貨が実装段階になってきたいま、
カスタマイズとその利用というのが非常に大きな争点になってくるかと思います。

同じブロックチェーンでも、企業によってシステムの違いや、指向性の違いはあって当然です。
その点でも、カスタマイズを気軽にできる、ブロックチェーン上のアプリ開発プラットフォームというのは需要があり、
まだまだスケールするのではないかと思います。

開発の状況も随時Twitterでアップデートしているそうなので、フォローして最新情報を得ておくと良いでしょう。

割安割高というのは個人であるとは思いますが、
私にとってはいつでも割安ですね!!

Stratis(STRAT)ストラティスはやめるべき?

マイクロソフトとの関係

【マイクロソフトと提携!】と言うのは非常に喜ばしいニュースなのですが、それが将来的にはボトルネックになる可能性があります。
と言うのも、Microsoft Azureと共同で、Stratis Development Platform開発環境を提供し始めました。
そうして企業が簡単に独自のブロックチェーンの導入を可能にしています。

しかし、だからこそ、現状マイクロソフトの力なしでは開発もリリースもできていないのです。

もし何かしらの問題が発生し、提携解除となったら、一気にプロダクトが潰れてしまうことになります。
そうならないといいですが・・・
今後に注目です。

PoSによる流動性の低下

Stratisの独自のPoSにより、流動性が低下してしまう恐れがあります。

わかりやすいように言うと、Stratisのマイニングシステムは、
「STRATを保有していれば保有しているほど優位に働くようなシステム」になっていると言うことですね。

大金持ちがSTRATトークンを溜め込むことでメリットを受けられるため、
流動性が極端に低下してしまう可能性があるのです。

流動性の低下は、通貨価値低下に非常に悪影響を及ぼすため、
何処かのタイミングで厄介な問題になるかもしれません。

分散性の問題

Bitcoin等のDecentralized Coin(分散型のコイン)とは異なり、
Stratisは中央集権要素が非常に色濃く出ています。

もし、運営がヘマをしたら・・・
資金が尽きたら・・・
サービス自体がそのまま崩壊に向かうことになります。

Stratis(STRAT)ストラティスはどの取引所、販売所で買うの?

ネトビジ!では取引高が世界一位の取引所のBinance(バイナンス)をオススメしています。
残念ながら、Stratis(STRAT)ストラティスは国内取引所には上場していませんが、Binance(バイナンス)は日本語対応もしており、使い方も非常に簡単です。

最近落ち着いてきたビットコインだけでなく、勢いのあるアルトコインに投資してみたいと思っている方にぴったりの取引所ですので、投資機会を失う前にぜひ口座開設をしてしまいましょう!!
ハッキングの恐怖に晒されたくない国内のCoinCheckユーザーのみなさんもこの機会に、海外へ進出してみるのはいかがでしょうか?

オススメする理由はもう一つ。

現在、Stratis(STRAT)ストラティスのほとんどBinance(バイナンス)を経由して購入されています。
もし今後期待感が高まれば、Binance(バイナンス),Bitfinex, Bitflyerなどの大手取引所への上場も大いに考えられます。
その際に上場益が得られるよう、まずは口座開設からスタートしてみてはいかがでしょうか。

Stratis(STRAT)ストラティスを購入して、共に億入り人を目指しましょう!

Binance(バイナンス)登録はこちら

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所