仮想通貨の時価総額ランキングをチェックしてみる>>

【仮想通貨最新情報】仮想通貨やめるべき?Googleが仮想通貨・ICOの広告配信を禁止!

Googleが仮想通貨広告を禁止?!

Facebookが仮想通貨広告規制を発表してから数週間。

【仮想通貨最新情報】仮想通貨やめるべき?Facebookが仮想通貨・ICOの広告配信を禁止!

今度はGoogleが同様の規制を発表しました。

次世代のテクノロジーの情報が活発に世に出て行くことは重要ですが、
実際のところ、仮想通貨広告は詐欺が多いことでも有名です。

そのため、

2017年に、グーグルは3200億件の広告を削除し、32万人のパブリッシャー、9万サイト、70万個のアプリを禁止した。
出典:TechCrunch 2018.3.14

とも言います。

消費者の利益を守るため、 Googleも躍起になっているんですね。

では実際にどんな広告が規制の対象になるのでしょうか?
公式の声明を見てみましょう!

禁止される広告

Cryptocurrencies and related content (including but not limited to initial coin offerings, cryptocurrency exchanges, cryptocurrency wallets, and cryptocurrency trading advice)

バイナリーオプションおよび類似製品
仮想通貨関連コンテンツ(ICO、仮想通貨交換所、仮想通貨ウォレット、および仮想通貨取引のアドバイスを含みこれらに限定されない)

出典:New restricted financial products policy (June 2018)

世界のオンライン広告市場の60-70%はGoogleとFacebookが握っていると言われています。
数兆・数十兆円のビジネスの一部が一瞬で吹き飛ぶことになりますし、その結果、詐欺広告が減る一方、
仮想通貨の裾野を広げるような仮想通貨広告も減ってしまうのは悲しいですね。

例えば、こういったGoogleのAdsは6月付けで全て吹き飛ぶのだと思います。

出典:Google Search 「telegram ICO」

なぜ今規制が?

Google社が広告を禁止したのは、広告による詐欺のリスクを減らすためだと言われています。
米国のあるアナリストは2017年に行なわれたICOの59%が失敗に終わっているという分析を公開しているようです。
広告でつられて投資をし、そのICOが失敗したら、Googleを起点にして消費者に不利益が及んだ、という認識になるんですね。

また、基軸通貨であるビットコインの価格下落も非常に大きなファクターであったと言われています。
国際通貨基金が仮想通貨はマネーロンダリングに利用される大きな可能性を孕んでいると発言したことも一つの理由ではないでしょうか。

規制の影響は?

仮想通貨情報をまとめるCoinmarketcapによると、
Googleが広告禁止宣言をした直後、
ビットコインの価格が約14%下落し、7909ドルの値を付けたと言います。

世界一のプラットフォーマーであるGoogleが仮想通貨に対してポジションを取り始めたことで、
今後の仮想通貨を不安視する声が高まったからでしょう。

ちなみに、2018年4月2日現在、
Google/Facebook/Twitterなどの大手プラットフォーマーたちが仮想通貨規制を次々と発表したことで、
有名コインを皮切りに、下落トレンドが続いています。
流出事件にあったNEMコインは現在22円/NEM まで落ち込んでいます。
最高値の1/10ですね笑

しかし、規制することは決して極悪ではありません。
規制によって、仮想通貨環境が整えられて行くわけでありますし、
将来どこかで必ず必要になって来ることです。

それが少し早くきたということだけですので、
落ち着いて状況を観察していれば全く問題ないでしょう。

その影響はロシアにまで?

Google/Facebookなどが仮想通貨広告を禁止したことを受けて、ロシア最大の検索エンジン「Yandex」も同様の禁止措置をしていると言います。

アメリカでは州ごとにICOを規制したりする州もあり、それぞれの自治体によって明白に対応が異なります。
もし、海外にいる際には、いまいる国・自治体の法律がどうなっているのかを考慮した方が良いでしょう。

仮想通貨は今後どうなるのか?

イーサリアム創設者 Vitalik Buterinが来日!政府関係筋との会談も!?仮想通貨の未来とは?

イーサリアム創設者のVitalikは自身のTwitterで、仮想通貨の価値はほとんど0に近いレベルまで下がる可能性があると発言しています。

未だ、仮想通貨は変動リスクの高い資産で、いつでもゼロに近い価値に下がる可能性がある。失っても良いお金だけを投資するように。
もし、投資できる余力があるなら、未だ伝統的なアセット(株や国債など)がもっとも正しい選択だ。

規制も続いておりますし、仮想通貨の最先端にいるVitalikがこのような発言もしています。
しかし、みなさん考えてみましょう。

10年前にスマホが広まるなんて思っていなかったですよね?
ブロックチェーンも同じです。
インターネットからブロックチェーンへの移り変わりは始まっているのです。

時代の転換点では、辛抱が必要です。
投資をされているみなさんはすでに、時代を変え始めているんです!

規制は環境整備に必ず必要ですので、
今後も自分の目で判断し、落ち着いて投資していきましょう!

サクッと!ネトビジのオススメ仮想通貨取引所